2012年問題

2012年問題とは何か?

これは団塊世代と言われる人が、経営業から引退する年齢を迎える中で、後継者が不足しており、事業継承問題が非常に深刻化していることを意味しています。引退したいという思いを持っているものの、M&Aや会社売却に関して悩まれている方は非常に多くおられるのです。このようなことを受けて、これからも中小企業経営者の事業継承問題はますます深刻化していくでしょう。当然、企業買収がM&Aで活発化することも予想されます。単純に後継者を見つける、もしくは会社を売却するということではなく、どのような経営方針を示してこうした問題を解決していくかが非常に重要になるのです。

 

事業承継問題は新日本総合事務所に相談

この点で、助けになってくれるのは「新日本総合事務所」に相談することができるかもしれません。こうしたことにより、事業の継続、社員の雇用確保、取引先との取引継続に関しても色んなオプションを考えることができるのです。相談先にあまり今の時点でアイディアが無いという場合には、インターネットなどを利用して探してみるということもできるでしょう。中には初回の相談を無料にしていたり、メールでの気軽な相談などにも力を入れている所がありますので、ぜひ利用してみるべきなのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑