XBRL

XBRLとは何か?

これはXMLの規格を参考に作られた言語です。XMLはコンピューター言語のひとつで、実際の表記にフォントサイズなどの校正が行われた状態でテキスト化されます。一般的にXBRLは財務諸表の記述に用いられます。こうしたコンピュータ言語を使って企業内をデータ化することにはどんなメリットがあるのでしょうか。それは企業内だけではなく、会計士や投資家などとも財務に関する情報をやり取りをスピーディーに、そしてスムーズに行うことができるのです。現代ではこうした取り組みが大企業だけではなく、中小企業も積極的に行われています。

 

M&AにおけるXBRLによる情報開示

こうした財務というのはM&Aの行使ということにもかなり関わってくることですので覚えておきたい点ですね。どうしてそのように言うことができるのでしょうか。M&Aと聞くと企業買収によるイメージというものが強いと思います。しかし中には株式の持ち合いなどによる業務提携もここに含まれてくるので、XBRLによる情報開示が必要となってくるのです。XBRLは企業内において、会計事務処理をもっと簡略化することに貢献しています。会社のオーナーであれば、それを自分たちに導入することができるかどうか一度真剣に考えてみることができるのではないでしょうか。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑