SPC

SPCとは何か?

SPC自体の意味というのは、単層的な目的を行使するために展開される事業体のことを意味しています。M&Aの会社売却におけるSPCに関してはどんなことが言えるでしょうか。ここでは会計監査委任の設置を義務付けられている会社において、特定目的として展開している会社の監査役を確認する状況に関して考えてみたいと思います。この場合、事業報告書の開示義務と会社売却に関する社内明細書を調査して監査をしなくてはいけません。

 

計算書類または明細書の意義

会計監査人としての希望が設置されている企業では監査人への計算書類または明細書の意義が問われます。そのようにして企業を対象とした監査についての規則を色々な視点で着目しているのです。会計監査の内容を反映させた企業では、その監査全般を把握するために必要な内容が流動化しています。直接的にM&Aの有無に関わるワードではありませんが、確実に交渉の場でも話題に上りますので覚えておいてください。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑