OUT-IN

OUT-INとは何か?

M&Aの現場で、最近非常によく使われているのが「OUT-IN」という言葉です。このOUTというのは海外企業を、INというのは国内企業を指しています。つまり海外企業によって日本の企業が買収されるということを意味しているのです。少しここでは分かりやすいように、自動車メーカーというものを例えにしてみましょう。この自動車製造というのは戦後の日本を支えた主幹産業でした。しかし他の先進国と同様に、日本でも少子高齢化が問題となったり、国内の需要に限界が見えてきたのです。ですから国際競争力を付けること、さらにグローバル化することが生き残る点で非常に重要になっています。それで国内企業よりも海外企業に合併を持ちかけて、その会社の名前を残すというオプションを取る会社が多くあります。

 

OUT-INでは不動産や従業員が問題となる

ここで問題となるのは、不動産や人員というものです。つまり会社を売却するわけですから当然そうしたリストラなども覚悟しなくてはいけないのです。そのような大きな犠牲を払ってでも経営危機を回避し、収益性を確保する意味があるのか、経営者はしっかりと考えなくてはいけません。もちろん経営陣だけではなく、外部からM&Aの専門家なども招いて色々な要素を事前に検討することが必要になってくることでしょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑