GAAP

GAAPとは何か?

これは「ギャープ」と読むことになります。英語の「Generally Accepted Accounting Princiales」の略称で、会計原則のことを意味します。一般的に認められているものでもありますので、公正妥当と理解されることがあります。では具体的にどんなシーンで利用されるのです。これは取引の会計処理を行う時に従わなくてはいけない減速で特に「連結財務諸表」とか「財務諸表」を作成する時に重要になります。さらに比較の実施を行ったり、企業価値を計算しなくてはいけないM&Aでも広く用いられています。

 

GAAPは国によって違う

この会計ルールはそれぞれの国で微妙に異なるものであり、アメリカでは「US-GAAP」、日本では「JA-GAAP」ということになります。ではもし国際的なM&Aを行う時にはどうしたら良いのでしょうか。この時には基本的にUS-GAAPに変換した会計レポートが必要になってきます。つまり言語と同じという訳ですね。この点でもしクロスボーダーのM&Aを行う時にはやはり会計報告書に長けているアドバイザーというものが必要になってくるでしょう。なぜなら会計原則をコミュニケーションツールと考えるとその翻訳に長けた人物が必要になってくるからです。最近では新日本総合事務所も国際的なM&Aをサポートしていますので、ぜひご相談ください。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑