財務アドバイザー

財務アドバイザーとは何か?

財務アドバイザーとは、会社売却やM&Aを検討しているクライアントに対してアドバイスを行う人のことです。このアドバイスには実際的に必要な手続きも含まれますので、当然ですが経験が知識というものが問われます。財務アドバイザーは、M&Aの際にスムーズにクライアントが問題解決を行えるように具体的なサポートを提供するのです。ですから条件や交渉の際には的確なアドバイスが必要です。さらにM&Aに関しての実務経験やプロフェッショナルな知識が求められるでしょう。また他にも合併・会社売却・株式交換や入札などに関する幅広い経験や知識が必要です。クライアントに的確なアドバイスを提供してこそ専門家と呼べるのです。

 

事業承継などM&A時にはなくてはならない存在

この財務アドバイザーですが、銀行系のアドバイザーや会計のアドバイザーなど色んな人がいます。例えば銀行系のアドバイザーであれば、M&Aにおけるリスク管理が得意であるという一般的特徴があります。会計系のアドバイザーの場合、税務や会計の専門知識を生かしてクライアントにアドバイスを送ることができます。このように財務アドバイザーは、企業の助言役として機能しますので、M&Aを行うにあたってはなくてはならない存在です。事業承継などの際には、ぜひ新日本総合事務所にご相談ください。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑