譲渡制限株式

譲渡制限株式とは何か?

これは株式会社の株式を譲渡する場合、会社の承認が必要となる株式のことです。中小企業や同族会社などでは時に株主の意向や利害が問題になります。つまり会社にとってあまり好ましくないと思われる人物が株主になるのを拒否することができるのがこの譲渡制限株式の特徴になります。さらに敵対的M&Aにように思わぬ会社売却や買収を防ぐこともできるのです。もちろん譲渡制限株式であっても株主が投資した分は回収されるべきですから、この権利は会社法によって保証されています。また実際に譲渡制限株式を他の人に譲渡する場合、会社に対して幾つかの必要事項を明示し、承認するかどうかの決定を請求することができます。

 

M&Aでの会社売却はメリットも多い

もう少し具体的に考えてみましょう。もし譲渡制限株式の株主がM&Aで会社を売却することを決めると、経営権が買い手に譲渡されることになります。このケースでは譲渡された会社の代表取締役等は退任することが多く、快適の企業から新しい役員や代表取締役が派遣されます。(もちろん引継ぎが完了するまでは今の代表取締役も相談役などの役職で、業務の引継ぎを行います)中には代表者のポジションをキープして、買い手側の経営資源をフルに活用し、企業の成長をスピードアップさせる代表取締役たちもいるのです。つまりM&Aでの会社売却というのはデメリットも存在しますが、メリットも確かに多いといえるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑