証券取引等監視委員会

証券取引等監視委員会とは何か?

会社売却やM&Aが多くなる一方で、そのプロセスでは不正が行われる可能性もあります。それで証券取引等監視委員会という組織が果たす役割がとても重要になってくるのです。証券取引等監視委員会という組織では、取引市場の透明さ・公平さを確保し投資者を保護するという目的があります。

 

M&A時の損失を防止する

さらに問題が生じるであろうというような情報の報告も受け付けているのです。こうした情報はM&Aの当事者だけではなく、一般の人からも集められ、公正な市場を作っていくための行動がとられています。想像がつくかもしれませんが、M&Aの手続き中に不正が行ってしまうと、正しく行動している人に多大な損失や迷惑がかかってしまいます。ですから一定の規則を設けたり、取引を監視する体制を作らなくてはいけないのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑