親族内承継

親族内承継とは何か?

事業を後継者に譲るときに、オーソドックスなスタイルとなってきたのがこの親族内承継です。つまり経営者の子息や子女といった血縁、もしくは親族関係にある人に事業を承継させるということです。特に大企業以外では、従業員などの親族以外の人物に事業承継をしたり、第三者へ会社を売却するというのは避けられてきました。親族内承継であれば自社株式を相続などでよりスムーズに移行できるほか、所有と経営の分離を回避しやすいとされてきたからです。

 

親族内承継のデメリット

しかし親族内承継にはデメリットも存在します。例えばその一つは、次の経営者のスキルや能力というものです。こうしたものをしっかりと認識しないと最悪の場合、事業の存続すら危機となるのです。また後継者候補が複数いる時には、内部の対立を招くこともあるかもしれません。こうしたトラブルを避けるためには、事前の準備が必要です。特に弁護士や税理士などM&Aに関する専門家に相談して承継計画を時間をかけてプランニングすることが重要なのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑