経営権

経営権とは何か?

企業同士が合併をするM&Aの場合、合併時の合併比率というものがあります。その合併比率に置いて高い方の企業が、主に経営権を握ることになるのです。経営権というのは、実際の経営において大きく経営方針とか取締役の意見が反映されるもので、合併比率が低い方が結果的に会社売却となります。つまりM&Aが友好的なものでないと、合併後の吸収される側の運命というのは非常に厳しいものになるのです。これはなぜでしょうか。

 

M&Aをすると経営はスリム化される

なぜなら合併すると必ず、経営のスリム化というものが図られることになります。特に買収される側の企業では、取締役員や一定の収入があった役職者の多くがリストラに合い、資産売却をされることになるのです。借入があれば借入金を証券化され、新株発行としての再生資金に充てることができるでしょう。M&Aの基本的な考えというのはシェアの拡大で、いかに収益を上げていくかが大きな目的となります。つまりスリム化を図るうえでも、FAなどの財務体質改善にスキルの高い人材を仲介として依頼することが必要になるでしょう。M&Aを行って企業が大きくなることで、固定費が上昇し、合併後の経営難に陥る企業も稀ではないのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑