税理士法人

税理士法人とは何か?

税理士法人とは税理士法人制度創設の趣旨等から、従来、税理士が個人として行うこととされていた税理士業務を、新たに法人形態でもおこない得るよう、平成13年の税理士法改正において創設されたものです。なお、税理士法人は、社員を税理士に限定した、商法上の合名会社に準ずる特別法人となっています。税理士法人は、税務の専門家として企業の会計帳簿や財務諸表の作成などに携わったり、会計処理に関する相談に対応したりしています。企業だけでなく個人でも確定申告などで利用することが可能となっています。最近ではその専門性を活かして、会計や税務処理に関することだけでなくコンサルティング業務を手掛けることもあります。

 

企業活動のグローバル化に対応できるかが決め手

また、企業活動のグローバル化に伴い、M&Aや資金調達、会社売却など世界規模で行われる企業間競争に勝ち抜くためのさまざまな手法の支援、相談を業務とする税理士法人も登場するなど、従来の業務内容を超えて幅広く顧客のニーズに対応できるよう前進しています。熾烈な企業間競争を勝ち抜くためには企業体質の強化は欠かせません。最近では法律や税制面での整備も進んできて、自社の体質を改善したり、強化して行くためのM&Aも活発におこなわれるようになりました。また近年は少子高齢化の進展や将来性の不安から事業を承継する「後継者不足」が問題となっており、この事態を打開して行くための新たな方法としてもM&Aや会社売却が浮上しています。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑