破産法

破産法とは何か?

破産法とは、終結型倒産手続きのひとつのことで、経営不振に陥った企業を解体して、その財産を売却した範囲で債務を弁済する法律制度のことです。会社が倒産した時、裁判所は破産法、民事再生法、会社更生法のいずれかの法律が適用されます。破産法は会社を解散させて債権者が残された資産を分配する既定のことを言いますが、会社が再建する可能性が低く、破産法を適用したほうが債権者にとって良いと裁判所が判断した場合に適用されるものです。会社が経営危機に陥った時にアメリカで適用される法律では、アメリカでは会社が破産法を適用になったとしても、これまでのように会社として活動できるようになっています。ですから、会社が倒産するといった、日本の破産のイメージとは違ってくるのです。アメリカでは企業間の競争が激しいため、大企業であったとしても破産法を申請することがあります。しかし、大企業が経営の行き詰まりによってすぐにその会社の事業活動を停止してしまうならば、社会に大きなダメージを与えてしまうことにもなりかねません。そのため、会社の事業は継続しつつも企業を再生する法律がアメリカでは整備されているのです。

 

アメリカで破産法が多用される理由

アメリカでは、破産法が適用となった会社が同業の他社にM&Aされたり、会社を売却をするケースも頻繁に起こります。アメリカは自由経済がかなり進んでいる国なので、企業同士の競争が激しい状況から経営難に陥る企業が多いため、破産法がセーフティーネットとして用意されているのです。例えば、アメリカの航空業界では不景気による搭乗客の大幅な減少によって経営が難しくなるケースがあり、破産法の適用を受ける会社が多くなっています。そして、過去に何度も破産法の適応を受けた航空会社があるほどなのです。しかし、社会インフラの1つである航空会社を倒産させて会社売却を簡単にさせないようにする制度がアメリカにはあります。そして、破産法を適用する場合は、他の航空会社にM&Aされる場合もありますが、会社の規模を大きくするなどして経営効率を上げることが行われるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑