産業活力再生特別措置法

産業活力再生特別措置法とは何か?

最近では会社売却やM&Aが頻繁に行われています。しかしそうしたものを無制限に行うことができず、当然ながら色んな法律規制というものを理解する必要がありますね。例えば産業活力再生特別措置法というものがあります。これは1999年10月1日に施行されたもので、生産性の工場や産業活力を再生させることが目的になっています。産業活力再生特別措置法という法律は、アメリカの「バイドール法」というものを参考に制定されました。つまり政府が資金供与した委託研究開発の成果とも言える知的財産権を、受託企業にも帰属させることができるようになったのです。これで経営資源をより効率よく活用できます。

 

公的資金を使った資本増強が可能に

この法律は産業再生法とも呼ばれており、過剰な設備や債務を抱えている企業の経営再建の方法となっています。時代が変化するに伴って2003年と2009年に法律の改正が行われました。この改正の中で、公的資金を使って一定の企業に対して資本増強を図ることができるようになってきたのです。企業にとっては恩恵が大きい法律であり、ぜひとも精通しておきたいものになります。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑