物的承継

物的承継とは何か?

物的承継とは、経営権確保のために必要となる自社株の承継のことを言います。自社株の評価額が高い場合、承継に際し贈与税や相続税の負担が重くなって、スムーズな承継の妨げになるケースがあります。物的承継を成功させるためには、現状において将来問題となりそうなあらゆる事項を把握して、解決策を検討する必要があるのです。事業承継には、人的承継と物的承継があります。会社の価値に関わる財産の承継が物的承継なのです。M&Aの手法化によって、会社売却の最終契約になると企業間でM&Aの契約に向けた手続きが始まります。 その中で重要視されるのが会社から会社への資産の承継を円滑に遅滞なく行っていくことです。資本金と剰余金、株式価値を総合した純資産によって、売却予定の企業価値が評価されます。事業承継で会社の株式が継承される際には、相続税や贈与税が発生するため税金が取られることになり、物的承継の大きな障害となるのが相続税の問題になるのです。

 

相続事由とM&A事由

相続税というのは、相続人にとっては相続という事実を起因として発生する債務です。そして現金一括納付という厳しい条件となるのです。物的承継は、手法やタイミングにより税負担が大きく変わってくるため、専門家によるコンサルティングを実施しながら円滑に行うことが必要です。M&Aによる物的承継というのは、会社売却の際に売られる側の企業の資産価値を後継となる企業に引き継ぐ際の手続きのことを言います。企業売却により、前社長の経営権は新しいCEOに譲渡されます。一般的には人的承継と同じように考慮される事案ですが、M&Aにおいて売却される側の企業の財産の取り扱いがとても重要です。ですから承継した企業の経営が安定して行われるように、円滑に行われる必要があるのです。事業承継をする上で財産の承継という手続きは難しい作業になり、会社の資産に対する法的な事務手続きが主となりますが、コンサルティング業務と提携することによってスムーズに移行することができるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑