株式保有特定会社

株式保有特定会社とは何か?

企業というのは、本当に色んな活動を行っています。その中でも非常に重要なのが、会社売却とかM&Aのような買収に関わる手続きです。なぜならそのような手続きというのは、普段の営業活動とは大きく異なる知識が豊富に必要になってくるからです。つまり、経営者を含め関係者はより深い専門的な知識が必要になってきます。その中でも、特別な評価が必要な会社として「株式保有特定会社」というものが存在します。これは株式を保有している割合の非常に高い会社、もしくは資産のほとんどが株式である会社のことです。

 

株式保有特定会社の評価方式

この株式保有特定会社の評価を行う時には、原則的に「純資産価額方式」というものが採用されることになります。特に非上場会社の場合、資産の構成というものが上場会社のそれと比較して、非常に株式に偏っているので特別な評価が必要になります。もちろん、こうした慣れない作業を自分たちで全て調べて行わなくてはいけないわけではありません。最近ではM&A専門の仲介会社や、計算処理に長けたM&Aアドバイザーなどの存在も増えていますので、そうしたプロの力を借りていくことができるのです。そのように適切な評価を行って、会社売却とかM&Aの手続きをスムーズに行っていきましょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑