成長戦略

成長戦略とは何か?

近年、まさに明らかになってきていますが、日本は少子高齢化社会となっています。そして、その度合いはますます進んできていると言えるでしょう。それゆえ、多くの業界において、国内市場の需要が伸び悩んでいると言えます。こうした流れから、企業の多くが海外市場に展開する動きを強化していると言えるでしょう。アジアなどの経済発展が顕著な海外に積極的に進出することで、成長戦略を図るようにしているところも増えているようです。自社のみで海外展開を行ってしまいますと、他のグルーバル企業に比べて、事業拡大スピードが劣ってしまう可能性があります。そのため、海外進出企業の中には、現地の企業を会社売却してもらったり、M&Aを行ったりしています。例えば、現地の企業と提携することによって広い販売経路を得ることが可能となってきます。さらには現地の企業と組むことによって、現地で必要とされている、いわゆる現地のニーズを把握しやすくなって、商品開発に活かすことが可能となってきます。このように、現地の企業と組むことによってメリットが得られる場合があります。

 

海外企業のM&Aを行う成長戦略の例

日本の大手の企業においては、国内市場での採算が良くない事業について、会社の売却を行って、海外企業のM&Aを行う成長戦略が採用されていることがあります。とりわけ、日本の食品のメーカーにおいては、東南アジア、そして中国への進出を加速しているところが多くなっています。インド、インドネシア、中国は人口が多くなっており、今後の食品需要の点で、大幅な増加が見込まれるためです。しかしながら、中国に関しては、特殊な事情もあり、日本企業の進出が難しいという状況が生まれています。そこで、日本企業では現地のトップメーカーをM&Aしたり、提携したりすることを行っています。現地のメーカーと一緒になることによって、商品の販売がしやすくなることを期待できる状況です。また、東南アジアには地元の特有の味がありますので、現地の企業をM&Aすることによって、現地特有の味を出すことができるようになる場合もあります。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑