意向表明書(LOI)

意向表明書(LOI)とは何か?

LOIとも呼ばれることがある、意向表明書はM&Aによる会社買収の意向を書簡で表明するというものです。どんな目的でこれを行うのでしょうか。それは企業買収やその実際の計画、予定されている買収価格を筋書にすることによってより相手企業、もしくは株主への説明責任を果たすということです。これは法律的に特に有効であるということはありませんので、その内容とか目的に関しても明確に記すことが求められています。

 

意向表明書は買い手としての独占権を表明するため

この意向表明書を用いた会社売却では、買い手としての独占権を表明するための書簡というものが存在しており、買収要求において二つのパターンがあると言われています。一つは会社の売却価格やその時期に関して詳細条件を展開するものと、もう一つはそうした詳細条件の記載が無い中で売却のプロセスを進めていくものです。買収の対象となった企業は、売り手からそのようにあらかじめ与えられる情報の中で、M&Aの可否、価格、時期、付帯条件というものを検討することになるのです。ですから意向表明書の作成やその中に込めるメッセージというのは、会社の買収を成功させる上で非常に重要なものであると言えます。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑