少数株主

少数株主とは何か?

株主というと、多くの株式を保有していて大きな影響力を持っているとイメージしがちですね。確かにそうした大株主というのは影響力が大きく、株主総会での権限も巨大です。しかしM&Aをする時には、そうした大株主だけではなく、少数株主の存在も弊害となることがあるのです。これはどういうことでしょうか。例えば組織編制を行って100%出資の子会社にしたいときには、少数株主への個別対応も必須となるからです。つまりわずかでも友好的な株式整理に追維持てくれない株主がいる時には、複雑な法律を確認しながら、株主整理を迫られることになります。特に会社売却などの時にはこうしたことを丁寧に行わなくてはいけないので計画性というものが重要になってきます。

 

全部取得条項付種類株隙の活用

一人一人の株式を何らかの形で整理しなければいけない時には、幾つかの手法が考えられます。そのうちの一つは「全部取得条項付種類株隙の活用」です。これは簡単に言うと、新株を発呼して差額は金銭で生産するというものです。他には「株式の併合」があるかもしれません。例えば千株を一株に圧縮してその端数を持っている株主には金銭で精算するというものです。もちろんどの方法が良いのかはケースバイケースですが、会社法以外にも税金の問題などを考えなくてはいけません。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑