実査

実査とは何か?

M&Aの実査というのは、不動産資産に対しての実在性を色んな方法で調査するという意味があります。具体的に言うと、監査人などの調査担当者を確定させて対象となる不動産資産を有する会社についての記録帳簿に載せられている色々な資産の現状調査を行います。この確認作業ですが、対象となる会社の経理状況や実際に存在する現預金や有価証券などに関して実在性の確認作業を伴う調査として非常に有効なものです。このような調査報告がM&Aでの会社売却をする時には非常に重要な参考データとなるわけです。

 

経験者をアサインする

注意したいのは、ただのデータ調査は現状調査を含まないので実査ではなく抜き取り検査という定義になります。会社売却の実査を行う時には、その担当者をアサインすることが一般的です。しかしこれは誰でもよい訳ではなくある程度の知識を有していなければいけません。具体的にはマーケティング、そしてマーケティングリサーチを実施する上での目的や対応価値を把握し、認識するということです。また調査上の色々なアクティビティに関係する専門用語をしっかりと理解し、行なおうとしている調査の流れを把握したり、その事案に関して分析して報告することも重要なのです。現在では調査に関係するツールへの理解も求められるでしょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑