守秘義務契約

守秘義務契約とは何か?

これは別名「秘密保持契約」とも呼ばれるものです。その名の通り、秘密情報を外部に漏らしてはいけないという意味で、M&Aの交渉の場でも非常に重要なポイントとなります。締結する時には契約当事者の両方がその秘密保持義務を負うのか、それともどちらか一方がそれを負うのかを決める必要があります。これは実際に秘密情報の開示が双方に対しておこなわれるのか、それとも一方から他方に対して行われるのかによって変わってきます。

 

秘密情報の定義

さらに秘密情報の定義としては、開示される情報全てを秘密情報として指定するのか、それとも一部だけを秘密情報にしてそれ以外は例外にするというオプションもあるのです。しかし現実的に、電話や交渉会議では本当に色んな情報が飛び交っており、その一つ一つを秘密情報として書面化するのは現実的に難しいでしょう。このような情報の混同を避けるためには、専門的な手法としてクリーンルームを設けることなどが挙げられます。さらに情報開示の直前に確定した日付で開発結果などを保存しておくことも証拠確保の対策になるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑