基本合意

基本合意とは何か?

M&Aというのは、企業活動において積極的に行われるようになってきました。こうした会社売却とか合併の課程では合意に向けて本当に色んな交渉が行われています。特に大企業の買収とか合併の際には、この基本合意の段階で大きくメディアに報道されることになります。基本合意の定義というのは、金額とか譲渡対象において双方の会社が包括して、それを示す文書を取り交わすステップに達したということです。

 

基本合意の時点で価格まで合意する

会社を売却する時には、売り手がこの買い手に対して独占交渉権を付与されることが一般的であり、合意事項に基づいて色んな交渉とか事務手続き、書面での手続きが進められることになるのです。そうしてM&Aが最終的に完成することになります。メディアで買収額などが発表される時には、既におおよその買収価格までの合意というものが行われています。基本合意に関しても、法律上の色々な注意点がありますが、弁護士やM&Aの専門アドバイザーのサポートがあれば、経営者はそこまで苦労することはないでしょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑