営業譲渡

営業譲渡とは何か?

もともとM&Aというのは、企業が国際競争の中で生き抜くためや、収益性拡大のために使われます。特に買収先の企業が営業譲渡する企業の株を買い占めるなどの方法がとらえるのです。友好的な買収の場合、互いが利益になる資本の統合が可能です。そして協力してコストカットをすることにより、より収益性というものが高まるのです。もし会社売却する企業に後継者がいない時には、M&Aで従業員を守ることができますし、取引先が確立していることで買収側の利益も守られてまさに相乗効果をあげることができます。敵対的買収にも同じような効果があるのですが、この場合には株式公開買付などの強引な方法となります。

 

買収してくれる会社がどんな理念や方針か

営業譲渡をする会社にとって非常に重要なのは、買収してくれる会社がどのような理念や方針をもって経営を行っているのかということです。敵対的買収などの際には、そもそも考え方に大きな違いがあることが想定されますので、今の取締役人事を早急に解雇し、自分たちの社員から役員を送り込むことがほとんどなのです。当然、買収される企業の社員雇用や経営理念にも大きな影響というものがあることでしょう。起業者であれば、本来の会社売却というのは避けたいことが多いのですが、今の経済的危機を乗り越えることで可能で、かつグループ傘下として事業継続というものができるようになるので、M&Aの条件を受け入れることがあります。友好的に営業譲渡をするにはM&Aを専門的に行う新日本総合事務所に依頼することがベストでしょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑