吸収合併

吸収合併とは何か?

吸収合併というのは、ある会社によって他の企業が吸収され、その吸収した会社の一部になることを意味しています。以前はほとんどの場合、力のある大きな会社が力の無い小さな会社を吸収合併してしまうというケースでした。しかし今では、急成長を遂げているベンチャー企業などが、老舗の大きな会社を成長の勢いの中で吸収してしまうということも良くあるのです。特にIT業界などを見てみると、急成長しているベンチャー企業が、自社よりもはるかに大きい同業他社を次々に吸収しているのです。そのようにして短期間に、業界の中で大企業に成長しています。こうした吸収合併は、M&Aによる会社売却の典型と言うことができるでしょう。

 

M&Aによる会社売却の典型

さらに既存の大企業が沢山存在する業界でも、新興の成長企業が業界を制する方法として、積極的に吸収合併を行っています。そのような中で、自分たちの会社を売却して、そこから利益を得ようとしている人たちも沢山いますので、吸収合併は以前ほど難しいものではなくなったと言うことができます。短期間で吸収合併を成功させるには、それをアシストする人たちの存在も必要不可欠です。そのような人たちは一般的に、M&Aコンサルタントなどと呼ばれています。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑