債務超過

債務超過とは何か?

債務超過というのは債務の合計が資産の会計よりも非常に高い状態を意味しています。つまりこの時に資産を全額売却しても、債務を完全に履行することができませんので会社そのものを売却する必要があり、M&Aの原因の一つとなります。最初からこの債務超過になるくらいの債務を会社が負うということはほとんどありません。例えば債務の返済計画を見通して事業をプランニングしていたものの、それがうまく行かなかったり不可抗力で妨害されことがあります。そのようにして正常な経営が困難になったり得意先を失ったりして負債がどんどん溜まってしまうのです。

 

オフバランスを利用したM&Aも

このように債務超過をしている会社が新規で金融機関から融資を受けるというのは非常に難しくなります。特に大手の銀行では審査基準を満たせないことが多く、新たな事業を組んで逆転を狙う戦略も機能しないのです。しかし、バランスシート状のオフバランスを利用して、書面上だけで負債を消滅させようとする企業もあります。このオフバランスというのは、公的には全く認められていない計上方法なので、このような方法で融資にこぎつけた会社というのは、不良措置を取られる可能性もあるのです。非常に会社にとって危うい状態で、債務超過状態を利用した売却もあるということを覚えておいてください。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑