偶発債務

偶発債務とは何か?

偶発債務というのは、現時点においては債務として確定していないものの、将来的に債務になり得るもののことです。これはそもそも何でしょうか。例えば受取手形を裏書譲渡したとしましょう。こんな時には、その手形が将来的に不渡りになる可能性がありますので、偶発債務の可能性を考えておく必要があります。もちろん、偶発債務が発生する取引には、他にも色んなものが考えられます。債務の保証とか、売渡済みの商品に関する各種保証、先物売買の取引、引渡し済みの請負作業に対する保証などです。こうしたことに関する理解を深めることで、当然M&Aの手続きというものが一気に楽になってくるのです。

 

M&Aに必須の知識

会社が行う活動の中で、M&Aが占める役割というのは非常に大きくなっています。M&Aは当然ですが、企業の買収に関わることで、その他の一般的な活動とはかなり異なる対応が必要になってきます。この偶発債務という債務に関しての理解も、非常に重要になってきます。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑