人的分割

人的分割とは何か?

M&Aの世界での人的分割というのは、会社分割の方法を株式割当先が違うことによって分けることです。つまり、分割した事業を行う会社の株式を新しく分割元の株主の割り当てるのが人的分割です。(時に分割型分割と呼ばれることもあります)これによって分割元の株主は二つの企業の株式を所有することになります。会社法を調べてみると、人的分割は物的分割と剰余金の配当に分けられていますから、余剰金配当も行う必要があります。ちなみに余剰金配当手続きに必要な株主総会決議と、新設分割計画を承認する株主総会はそれぞれ別に行われることになっています。もちろん物的分割と余剰金金の配当を同時に一つの株主総会で決定することに、法律的問題はありません。

 

人的分割と物的分割の違い

少し人的分割と物的分割の違いをクリアにしましょう。人的分割というのは、営業を続ける会社が発行する株式を分割する会社の株主に割り当てることで、営業譲渡の効果があります。そしてそれを直接株主が受け取ることができるのです。それに対して物的分割というのは、会社分割をする時に営業を受け継ぎ会社が発行する株式を会社に割り当てることです。これにより営業の現物出資によって行われていた手続きをさらに効率よく行うことができます。営業譲渡をする場合、譲渡会社に営業資産の対価が支払われますので利益ができますが、会社分割では新しい株の発行によって起こる資産構成の変動で資産移転が行われるので譲渡された会社に利益はでません。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑