ロナルド・ペレルマン

ロナルド・ペレルマンとは何か?

ロナルド・ペレルマンとは、もっとも有名なアメリカ人の実業家のことです。食品会社パントリーブライト社長で1943年1月1日生まれです。そして大型のM&A企業買収を複数手がけています。敵対的なM&Aでアメリカ経済が荒れたのは1980年代のことで、それ以降アメリカにおいてM&Aの攻防が繰り広げられてきました。この時期にロナルド・ペレルマンは、のちにレブロン基準と呼ばれるようになった化粧品会社レブロンがホワイトナイトによる買収防衛策を否認した判決を勝ち取った人物としても知られるようになりました。ロナルド・ペレルマンは化粧品メーカーのレブロンにM&Aを仕掛けました。それに対してレブロン側の取締役会は、ホワイトナイトを使ってロナルド・ペレルマン側の提示した金額を下回る金額で買収を依頼したのです。レブロン側は敵対的M&Aの対抗策に有効とされるポイズンピルを同時に導入しましたが、このことをロナルド・ペレルマン側が法廷闘争に持ち込みました。その結果、最高裁でロナルド・ペレルマン側が勝訴しました。

 

小糸製作所のM&Aにもペレルマンが

売却を決定した時点で取締役会は、会社を守ることではなく売ると決めた場合は高い金額を掲示する相手に対して売るのが義務ということになります。食品会社パントリーブライト社長として化粧品大手のレブロンに買収を提案した時に、ホワイトナイトを使った買収防衛策を否認した判決となり、これが「レブロン基準」と呼ばれることになります。「レブロン義務」とも呼ばれます。日本においては外国企業によるM&Aが容易になったのは、2006年の改正商法の施行によるものです。しかしその前からニッポン放送を巡ってライブドアとフジテレビの対決があり、国内企業同士による敵対的M&Aが話題になりました。その際小糸製作所株式会社がT・ブーン・ピケンズ氏らのグリーンメールによる攻撃を退けたことが経験として活かされましたが、ピケンズ側にはロナルド・ペレルマンがいたのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑