ハッピーリタイア

ハッピーリタイアとは何か?

ハッピーリタイアとは、自営業などの社長が高齢化を迎えるのをきっかけとして会社売却などをすることにより豊かな老後資金を確保して、悠悠自適の引退生活して老後を過ごすことを言います。ですから、M&Aなどを活用して社長が次のステップへ進むこともハッピーリタイアと言うこともできます。日本の中小企業のほとんどは、経営者の高齢化が進んでいます。高齢化が進む中で企業の後継者がいないということがありますが、後継者のいない企業はM&Aをしたいと考えている大手の企業などに事業譲渡をすることによって、現在の経営者がハッピーリタイアする人が増えているのです。また、経営者が事業譲渡した後に事業が軌道に乗るまで色々な事業運営上のアドバイスをするといった契約を結ぶこともあって、事業譲渡をした会社の運営が軌道に乗ってから完全に経営者がリタイアすることになるケースもあります。そしてハッピーリタイアした後は、会社売却の資金により豊かな老後資金を確保して老後を過ごすことができます。

 

廃業よりもM&Aの方がメリットが多い

高齢化社会の日本では、中小企業といった経営者が後継者不足のために会社売却をして、ハッピーリタイアしたいと考えている人も増えています。しかし、会社を売却したい経営者と会社をM&Aしたい企業とのマッチメイクが上手くいかず、高齢を理由に廃業を決める後継者が増えているのです。しかし、廃業するとデメリットのほうが多いので避けたいものです。ですから、近年は会社売却したい経営者と会社をM&Aしたい企業を結び付けるM&Aアドバイザーが活躍するようにりました。M&Aアドバイザーは、会社売却をしたい企業とコンサルティング契約を締結し、全国から事業買収したい企業を入札制で探していくのです。大手の企業の中には、事業拡大を目的にM&Aをしたいと考えているところがあります。そのような大手企業とハッピーリタイアをしたい経営者との事業継承をサポートしていくM&Aが拡大していますので、後継者問題でお悩みのオーナー社長は、新日本総合事務所のようなM&Aアドバイザーに企業が売却可能かどうかご相談されることをおすすめします。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑