ステークホルダー

ステークホルダーとは何か?

ステークホルダーとは、企業の利害関係者のことを意味しています。利害関係者というと、金銭的な利害関係の発生する顧客や株主と考えがちですが、ステークホルダーとは企業活動を行う上で、関わるすべての人のことを指します。ステークホルダーは、企業などの意思決定によって、自らの大切なものに大きな影響を受けます。ですが、主なステークホルダーは企業の特徴によって異なってきます。株主であるシェアホルダーや、ストックホルダーと区別して使われる言葉になります。M&Aなどによる会社売却には大きな利点が数多くあります。その利点の中でも、廃業して会社を破綻させることがなく、それまで培ってきた商圏や、技術をそのまま活かして、事業を継続する事ができるというポイントは、とても大きなものと言えます。また、企業の従業員の雇用の問題もあり、効果的なM&Aを実施することによって、これらの問題を解決することができるのです。この会社の合併や買収では、ステークホルダーという関係がとても重要になってきます。これは、企業の経営に対して生じる関係性で、株主やカスタマーに加え、社員や取引先などの企業運営における重要な要素となる関係性となってきます。

 

効果的なM&Aには広範囲なステークホルダーへの働きかけが必要

このステークホルダーは、M&Aの企業間で生じる問題の解消と、密接な係わり合いがあり、株主の減少や利益の低下の現在では、企業の多様化に伴って、このステークホルダーが広範囲に広がってきている傾向があります。M&Aを実施する企業においても、今までの活動だけでなく、国外なども含めた広範囲な活動が必要になってきています。効果的なM&Aのためには、今までのステークホルダーだけではなく、より広範囲なステークホルダーに働きかけることが必要となってきています。ビジネスに関わる社員や、取引先などに対しても利害を共有するものとして、新たな取り組みが求められるようになってきています。その為、会社売却のM&Aでは、株式譲受や事業譲渡に加え、合併や企業の分割などの色々な要素が重要になり、この会社の譲渡で重要な関係性となるステークホルダーという要素も重視する必要があるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑