ゴーイングプライベート

ゴーイングプライベートとは何か?

これだけM&Aが活発化している世の中では、自分たちがM&Aの対象となった時のことを考えて事前に対抗手段を用意しておくことも非常に重要になります。例えばその一つはこのゴーイングプライベートというものです。これは簡単に言うならば、上場している企業が自ら「非上場化」するということです。ゴーイングプライベートを行うためには、市場からもしくは相対取引によって発行済みの株式を取得する必要があります。そうすることで、自己株式と共に、上場廃止の申請を行うことができるのです。

 

上場を廃止することで敵対的買収から防衛する

一般的には上場していることで資金を調達しやすいなどのメリットが沢山存在しています。しかしその一方で沢山の情報を開示しなくてはならなかったり、IRなどに必要なコストなどデメリットと言えることも沢山存在しているのです。さらにこの上場廃止を行うことで、敵対的買収の対象とならなくて良いという大きなメリットが出てきます。ゴーイングプライベートでは、今まで拡散していた経営権を完全に掌握することができるのです。もちろん、非上場化した後に、もう一度上場するというのは決して簡単なことではなく、色んなリスクを考えておく必要があります。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑