クレイトン法

クレイトン法とは何か?

アメリカ内の法律によって色々制限されている競争ですが、こうしたものの修正を定義するうえでクレイトン法は機能しています。この法律によって、独占禁止法や取引における差別差異の無効か、また価格差別などにつながってしまう内容の取り締まり、M&Aで行われる不当な排他的条件付き取引というものが禁止されているのです。合併などの結合規制が起きている時には、その助長をてフォローするという役割を負っています。

 

同じように反トラスト法も規制を受ける

また損害賠償制度などの面で、不備項目が生じないための取り決めを定めるという機能も果たしています。なお、このクレイトン法と同意語とされている反トラスト法ですが、一般的にはそれぞれの会社が展開している自由競争を阻害する意味合いで、対応要求の市場となる取引制限全般を取り締まる法律となっています。会社経営者だけではなく、M&Aに関わる全ての人が精通しておくべき一つの法律であるということができます。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑