オーガニックグロース

オーガニックグロースとは何か?

オーガニックグロースとM&Aグロースというものをしっかりと理解しておくことができるでしょう。こうしたものは現代ビジネスのスピードが速まったことや、ボーダーレス化、そして企業買収の環境整備などによって、特に使われるようになってきました。オーガニックグロースというのは、「自立的成長」ということですので、会社が今持っているサービスや商品によって、そのまま売上を伸ばして会社として進化していこうという考え方です。

 

M&Aグロースとは何か?

対照的にM&Aグロースというのは、今持っていないサービスや商品を外部から買って、効率的に成長しようとする企業戦略のことです。現代のグローバル会社では、中長期の経営目標や計画を立てる時に、このどちらを取るのかを必ず話し合うと言われています。もしM&Aで統合が完了した時には、オーガニックグロースの対象となるのです。分かりやすい例が、ドイツの自動車産業です。ドイツ企業は今、アメリカという市場で非常に苦戦を強いられています。なぜならドイツ企業はM&Aグロースという方法を選択して、マーケティングを行ってきたわけですが、そのために莫大なコストが必要になり、生産性の低下にもつながってしまいました。ですから今ではオーガニックグロースとのバランスを取ることに各企業がシフトしているのです。グローバル経営を目指す企業にとってはとても重要なことであると理解できるのではないでしょうか。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑