中小企業の後継者問題とM&Aのマッチング/新日本総合事務所のM&Aノウハウ

公開日:  最終更新日:2016/03/31

企業の未来は後継者次第です。しかし、近年多くの中小企業が倒産に見舞われており「後継者問題」は経営者にとって避けられない重要課題といっても過言ではありません。「何も変わらず現状のままで倒産へのカウントダウンを進むのか…」それとも「将来への可能性を信じて何らかの手段に取り組むべきか」どちらの選択肢を選ぶかは経営者自身に委ねられています。

中小企業は「日本経済を支える基盤」

国際化に伴い、20代・30代という若い人材が新社長に抜擢されるケースが増えてきました。特に世界中を飛び回るトップ企業に関しては、ストレスに負けない強い精神と体力が重視されており、社長の就任年齢も次第に若くなっています。その一方、中小企業の間で深刻化している問題が「後継者不足による承継問題」です。日本の企業は中小企業がほとんどです。優れた技術を持つ中小企業は日本と世界のトップ企業を支える必要不可欠な存在でありながら、日本経済を支える基盤ともいえます。その中小企業が存続の危機に瀕しているというのは、日本にとっても大変な時代に突入したという証でもあります。

中小企業の承継問題を解決する「M&A」

近年は、中小企業向けに「M&A」が行われることが増えています。後継者がいないまま経営者が世代交代の時期を迎えたことが多くの理由です。
子などの親族が事業承継の相手として挙がることが多くありますが、本人が希望していない場合、能力的に不安がある場合が少なくありません。また役員が承継するには、個人保証の変更を金融機関が認めるかどうかなど、別の問題も浮上します。
結果としてM&Aによって第三者に事業承継を行う事が最も良い選択になる場合も多いのです。

M&A「成功」に繋がるマッチング

M&A支援で最も重要なポイントといえば「売り手と買い手のマッチング」です。売る側は、多くの買い手募集の情報を持つ企業とタッグを組み「高く売りたい」と願う方が多い一方、買う側は優良なM&A案件の中から自社の戦略に役立つ企業を探し「安く買いたい」と願う方が多数を占めている現状にあります。円滑な事業承継と営業継続を進めるためにも、まずは双方のニーズをマッチングさせることが重要です。先行き不透明な時代ではありますが、この苦境を乗り越えるためにも後継者問題と向き合い、M&Aによる事業承継をご検討ください。

新日本総合事務所では会社売買や事業承継、後継者への売却を支援いたします。特定の業種に偏ることなく、中小企業のM&Aを得意としておりますので、問題解決への近道にお役立ていただけたら幸甚です。過熱する競争社会を生き残るためにも、後継者不在の事業存続問題に関することでお悩みを抱えている方はぜひご依頼ください。
事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL http://manda.solicitoroffice.com/
ページURL http://manda.solicitoroffice.com/?p=235
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑