会社売却病院

会社売却病院の場合

会社売却病院の場合

会社売却病院の場合でも、病院を再編する動きがあります。病院数や病床数は年によって多少増加することもありますが、全体的に見ると減少傾向にあります。

特に民間病院は赤字経営が続くケースが多いのも現状です。今の日本は少子高齢化が進んでおり、病院やクリニックを必要とする方はお年寄りを中心にたくさんいらっしゃいます。

地域住民にとって欠かせない医療施設は、簡単になくすことはできません。しかし、少子高齢化や人口減少によって病院経営の原資である国民健康保険料が集まらない中で、高齢者の社会保障や医療保障をどのように担っていくのかなど、破綻の危機と言われる医療制度の問題は尽きません。

また、民間病院だけではなく、公立病院を支える地方自治体が財政難のため、公立病院でも経営状態が悪化するところがあります。

そんな病院やクリニックといった医療施設の現状を救う有効な手段になり得るのが、会社売却や事業承継です。

会社売却で病院の現状を考える際はM&A友好的事業承継支援センターにお任せ

会社売却で病院の現状を考える際はM&A友好的事業承継支援センターにお任せ

会社売却で病院の現状を考える際は、M&A友好的事業承継支援センターにお任せください。

ほぼ全ての業種を取り扱っており、病院やクリニックのM&Aにももちろん対応いたします。

M&Aは、従業員の雇用を守ったまま安定した経営や成長を続けることができる可能性があるため、企業のより良い将来を考える上で有効な手段の一つと言えます。

また、早期リタイアで第2の人生を楽しむことができたり、複数あるうちの一つの事業を承継してメインビジネスに集中したり、メリットとなる点がいろいろ挙げられます。

M&Aを行うには時間がかかりますが、一つの事業を軌道に乗せるのと比べると圧倒的な時間短縮に繋がります。買い手先の企業で新しく始めたい事業を買い取るM&Aは、ビジネス展開を非常に効率的に進められることから、買い手先企業もたくさんあるのが現状です。

クライアント様のご要望や企業の経営状態を考慮し、マッチするM&Aを提案いたします。病院やクリニックをはじめ、会社売却や事業譲渡のことならM&A友好的事業承継支援センターへご依頼ください。

会社売却で病院の再編をご検討されている方は、ぜひM&A友好的事業承継支援センターへご相談ください

事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL http://manda.solicitoroffice.com/
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。

コラム一覧

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑