会社売却歯科

会社売却歯科医院の場合

会社売却歯科医院の場合

会社売却歯科医院の場合、施設の設備や建物の広さ、立地条件などによって非常にメリットのあるM&Aになる可能性があります。
一般歯科をはじめ、小児歯科や矯正歯科、口腔外科、審美歯科など、あらゆる診療科を設けて多種多様なサービスを提供する歯科医院が増えています。

しかし、子どもの歯や口腔内に対する両親の意識が高まっていること、子ども用のデンタルケア用品の充実性などから子どもの虫歯治療は減少しており、さらに少子化や人口減少により歯科医院を利用する人の数そのものが減ってきています。

そのため、ホワイトニングやインプラントといった自由診療の審美歯科を導入したり、歯石除去やクリーニングといった定期的に通う予防歯科に力を入れたり、夜間営業や土日祝祭日の営業、24時間受付のインターネット予約など、顧客獲得のためにあらゆる戦略が考えられています。

利用者の減少が見られる歯科医院が安定した経営を続ける方法として、会社売却があります。

会社売却で歯科医院のM&Aをお考えの際はM&A友好的事業承継支援センターへ

会社売却で歯科医院のM&Aをお考えの際はM&A友好的事業承継支援センターへ

会社売却で歯科医院のM&Aをお考えの際は、M&A友好的事業承継支援センターが承ります。M&Aは大手企業が行うイメージが強いかもしれませんが、後継者に悩む場合や事業の安定成長を願う場合など、中小企業でも積極的にM&Aが行われるようになってきました。

歯科医院もその例外ではなく、既存の医院を設備ごと売却する、または事業承継をすることにより安定した経営を目指せます。

会社売却では、従業員の雇用継続や事業の存続、アーリーリタイヤといった売り手側のメリットだけではなく、新規事業立ち上げにかかるコストや時間の削減、企業規模の拡大、事業強化による他社への差別化といった買い手側のメリットもあり、買い手側企業は上場企業、非上場企業を含め多く存在します。

中小企業のM&Aを得意とするM&A友好的事業承継支援センターは、法律と経営の両面からクライアント様に適した提案をいたします。多くのご相談やご依頼をお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

会社売却で歯科医院の売却をお考えの方はM&A友好的事業承継支援センターへご依頼ください

事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL http://manda.solicitoroffice.com/
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。

コラム一覧

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑