会社売却事業承継のポイント

会社売却事業承継のポイント

会社売却事業承継のポイントを押さえることは、より良い結果に繋げるために必要なことです。事業承継にはどんなポイントがあるのでしょうか。

誰に承継するのか、最近の事業承継の傾向

以前はご子息に企業を継がせるのが一般的でしたが、今では親族内承継は全体の半数強程度であり、従業員やM&Aによる第三者への承継が増加傾向にあります。

誰に承継するのか、最近の事業承継の傾向

社長様がご子息への承継を考えていても、ご子息と考え方が異なるという場合もよくありますし、親族や従業員といった身内への承継を考えながらなかなか良い人材が見つからないなど、後継者問題は特に中小企業でよく見られます。

だからこそ、中小企業へ会社売却事業承継を提案いたします。

時間にゆとりを持つこと、計画性の大切さ

経営者にふさわしい人材に育てるには、それなりに時間が掛かります。
また、M&Aをするにしてもすぐに買い手先が見つかるとは限りません。

タイミングや承継に関する対策によって税金の額が大きく変わることも含め、スムーズな事業承継や会社の未来を考えると、早い段階から時間にゆとりを持って承継の計画を立てていくことが大切です。

いつ、誰に、どのように事業承継をするのか、的確に見極めるためには、M&A専門のコンサル会社やマネジメント会社に相談することをおすすめします。

会社売却や事業承継をお考えの方

会社売却や事業承継をお考えの方

会社売却や事業承継をお考えの方は、M&A友好的事業承継支援センターへご依頼ください。

会社売却や事業承継というと大手企業をイメージしがちですが、現在は業種や経営規模に関係なく、あらゆる企業でM&Aが有利に働き、後継者問題や事業存続といった悩みを解決する可能性があるのです。

上場企業から未公開企業まで数多くの会社の中から、クライアント様にとって最適な買い手先企業を見つけるサポートをいたします。M&A友好的事業承継支援センターは中小企業のM&Aを得意としており、多くのご相談・ご依頼をお待ちしております。

会社売却や事業承継でお悩みの方はM&A友好的事業承継支援センターへご相談ください

事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL http://manda.solicitoroffice.com/
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。

コラム一覧

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑