タクシー会社の会社売却

タクシー業界の動向

タクシー業界の動向

タクシー業界は認可制から事前届出制になり、最低保持台数は60台から10台に、導入車両に中古車が認められるなど、2002(平成14)年に行われた規制緩和で事業者数が大幅に増加しました。

しかし、それ以前から市場規模が縮小傾向にあったため、この規制緩和によって供給過剰となります。

すると1台あたりの収益が減少して乗務員の賃金低下を招き、競争過熱で無理な運転による交通事故の増加といった影響をもたらしました。

その後、2009(平成21)年に新規参入での最低車両数を引き上げたり、増車の際の監査を強化したりするタクシー適正化・活性化に関する特別措置法が施行されました。

タクシー会社の会社売却について

タクシー会社の会社売却について

タクシー会社の会社売却や事業承継は競争力強化のため活発に行われており、業界再編の動きが見られます。

現在、タクシーの台数は減少傾向にあり、1台あたりの収益は増加傾向にあります。

その中で観光や介護ケア、妊娠中のママ向け、子ども向けなど、専門的な知識やスキルを持ったドライバーによるサービスを展開するタクシー会社もあり、今後さらなる発展が考えられます。

現状の業績や収益が良い場合でも、今後の事業存続、安定成長といったポジティブな面から見て、タクシー会社の会社売却はより良いビジネス活動の1つと言えます。

会社売却でタクシー会社の成長を考えるなら

会社売却でタクシー会社の成長を考えるなら、M&A友好的事業承継支援センターが解決いたします。

かつてはM&Aに対してネガティブなイメージを持つ方や大手企業が行うものだと考える方もいらっしゃいましたが、今ではM&Aがスタンダード化してきています。

大手企業に限らず中小企業での会社売却も珍しくなくなり、M&Aにより多くの企業が後継者問題や事業存続といった悩みや不安を解決しています。M&A友好的事業承継支援センターでは、タクシー会社などの道路旅客運送業界はもちろん、偏ることなくほぼ全ての業種のM&Aに対応いたします。

法律と経営の両面からM&Aのサポートを行いますので、お気軽にご依頼ください。

会社売却でタクシー会社を発展をお考えの方はM&A友好的事業承継支援センターへお問い合わせください

事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL http://manda.solicitoroffice.com/
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。

コラム一覧

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 会社売却のお申込み
    面談打合せのお申込み
    M&A資料のご請求
    後継者・事業承継問題
    我が社は本当に売れるのか?
    M&Aのメリットとは?
    友好的M&A事例
    M&Aのよくあるご質問
    M&A報酬額について
    M&A用語事典
    事務所概要
    個人情報について
    M&Aお役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑